メモリの増設を行う

遅いパソコン館


パソコンが遅い原因はメモリ不足なのか?

 Ctrl + Alt + Delete を一緒に押すことによってタスクマネージャーを表示できます。

 ①物理メモリの合計が現在搭載されている物理メモリの容量(523800KB)になっています。

 ②コミットチャージの合計が、現在使用しているメモリ量(855724KB)になっています。

 ③物理メモリの合計よりも、コミットチャージの合計が大きいので、物理メモリの容量が不足していることが分かります。(グラフからも、一時的メモリ量に負荷が掛かった訳でなく慢性的に足りない事が推測できます。)

 ④コミットチャージの最大(パソコンが起動してから一番使用したメモリ量)が865616KB(865616÷1024=845MB)である為、物理メモリは1024MB(1GB)有れば良いように思います。

 『Windows-仮想メモリ最小値が低すぎます』とコメントがでる事も…

 仮想メモリを設定しなおせば、コメントが出ないようにすることが出来ます(仮想メモリの適正化)。しかし、原因が分からなければパソコンの動きは早くなりません。ソフトウエアのバグでメモリを開放できていないかもしれませんし(IEを使わない)、根本的に物理メモリが足りないのかもしれません(メモリ増設方法)。

 コミットチャージ、物理メモリ、仮想メモリとは何か?

タスクマネージャーの見方

 CPU-Zのソフトウエアで、既に搭載されているメモリを調べることが出来ます。

 (CPU-Zの使用方法)

 既に搭載されているメモリは、512MB、PC2700、Correction-None、Registered-No…などが分かります。

 タスクマネージャーから必要メモリは、『1GB』程度と分かりましたので、512MBを増設して、(512MB + 512MB = 1024MB =1GB)にしました。

 インターフェイスはDIMM、S.O.DIMM、MicroDIMMどれかと言うことになりますが、調べる方法は

 ①CPU-Zでマザーボードの型を調べメモリインターフェイスを調べる。

 ②CPU-Zでメモリのパーツナンバーなどからメモリインターフェイスを調べる。

 ③パソコンを開いて、既に搭載されているメモリから調べる。

 などの方法があります。(パソコンに合ったメモリーを探す)

 このパソコンの場合は、メモリインターフェイスはDIMMであることが分かりました。増設するメモリは、既に搭載されているメモリと同じ、512MB、PC2700、Correction-None、Registered-No…を購入します。

CPU-Z使用方法画面説明

パソコンメモリ増設方法 動画解説

 増設するメモリを購入したら、パソコンに装着してみます。

 メモリ増設方法はコチラを参考にして下さい。

 (ディスクトップパソコンはコチラノートパソコンはコチラ

 長年使用していると、パソコンの中もホコリだらけになっていますので、ついでに清掃しましょう。(パソコンの清掃はコチラ)

 左は実際に増設した動画です。メモリ増設よりもほとんど掃除に時間を費やされています。

 『マイコンピュータ』アイコンで右クリックをしてメニューを表示します。

 メニューの中から『プロパティ』をクリックすると『システムのプロパティ』が表示されます。

 メモリ容量が『512MB』から『1GB』になって、ちゃんと認識していることが分かります。

 (メモリの一部を画面を表示するための「ビデオメモリ」に使用するパソコンは、すこし低めの容量が表示されます。)

メモリが認識しているか確かめる


Copyright (c)2009 slowpc.jp All Rights Reserved.