インターネット一時ファイル・フォルダの移動(テンポラリーファイル・フォルダの移動)

遅いパソコン館


インターネット一時ファイル・フォルダの移動

 物理的に2個以上の内臓ハードディスクがしている場合に、より効果があります。分からない場合は、この工程は飛ばして次の工程に移動して下さい。

 InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)で一度開いたページの再表示を高速化するため、webページ,画像などが、パソコンに保存されます。

 ネットサーフィンしていれば、どんどん保存されていきます。

 OS(Windows)が入っているハードディスクと一時保存されるハードディスクを別にすることで、アクセスを分散させパソコン動きスムーズに(速く)させることが期待できます。

 (一時保存先のハードディスクは、内臓ハードディスクを指定することをお勧めします。USB3.0など十分な転送スピードを確保できる場合を除き、外付けハードディスクでは転送速度が遅いためパフォーマンスが下がると思われます。)

 物理メモリに余裕がある場合に限るが、RAMDISK(余裕がある部分の物理メモリをハードディスクドライブとして認識させる)として、そのラムディスクドライブに一時保存先を指定させると改善できます。


デスクトップアイコンの削除 ←前 HOME  次→Windows 一時ファイルの移動



Copyright (c)2009 slowpc.jp All Rights Reserved.