パソコン内の清掃を行う

遅いパソコン館


パソコン内の清掃を行う (ディスクトップ)

 長年使用しているとホコリが溜まり冷却効率が悪くなります。冷却できないと、CPUの性能を十分に引き出すことが出来なくなります。この事によってパソコンが動きがくなる原因になる場合があります。

 この様な場合は、実際にパソコンを開けてホコリを取り除く必要があります。

 メモリの増設などで、パソコンを開ける場合は、ホコリが溜まっていないか必ず確認してください。(ビックリするほどのホコリが詰まっている場合が多いです。)

 左の動画は、ディスクトップパソコンの場合です。


パソコン内の清掃を行う (ノートパソコン)

 ノートパソコンでも、同様にCPU冷却ファン部分にホコリが貯まりやすいです。

 一部のノートパソコンでは、裏蓋を開けるとCPU冷却部が見える構造になっている事があります。作業は簡単です。

 (裏のネジを全て開けて開かないと、CPU冷却部を確認できない機種もあります。)



Copyright (c)2009 slowpc.jp All Rights Reserved.