Windows7のスリープが勝手に復帰してしまう主な原因は2つあります。

遅いパソコン館


Windows7のスリープが勝手に復帰してしまう主な原因を調べる

 コントロール パネル > システムとセキュリティ > 管理ツール > イベント ビューアを起動します。

 左のツリーから Windows ログ > システム を選択します。

 スリープから自動復帰した時間をさがして選択します。

 左のイメージでは、スリープ解除の原因はマウスと記載されています。

 大体の原因は、マウスかLANカード(ネットワークアダプタ)です。ちょっとしたデータが入るとスリープ状態から復帰してしまうようです。

スリープから自動復帰した原因

Windows7のスリープ状態からの自動復帰した原因を止める

 コントロール パネル > システムとセキュリティ > システム > デバイス マネージャーを起動します。

 原因がマウスの場合は、マウスとそのほかのポインティングデバイス > HID準拠マウス > HID準拠マウスのプロパティを起動します。

 原因がネットワークアダプタの場合は、ネットワークアダプタ > Ethernetのプロパティを起動します。

 プロパティの電源管理から『このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする』のチェックを外します。

スリープから自動復帰した原因を止める


Copyright (c)2009 slowpc.jp All Rights Reserved.