CL(CAS Latency)・ECC(Error Check and Correct)/nonECC・REG(Registered)/unbufferedについて

遅いパソコン館


CL(CAS Latency)とは

 CLとは、実際にデータの読み書きが行われるまでにかかる『待ち時間』の事です。

 メモリのスペックでは『CL2.5』や『CL3』など表現されます。

 CL値が小さい程、『待ち時間』が少なくなるので処理速度は速くなります。

 しかし、『CL3』と『CL2』のメモリの性能差は体感できません。

 メモリを複数枚使用する場合、『CL3』と『CL2』と違う場合は遅い方に合わせて動くようです。

 しかし、まれに動きが不安定になる事があるようですので、出来れば『CL』はそろえた方が無難でしょう。

メモリ増設時の注意CLとは

ECC(Error Check and Correct)/nonECCとは

  

 『ECC(Error Check and Correct)』は、エラーチェック機能が有る事を示しています。

 『nonECC』は、エラーチェック機能が無い事を示しています。

 ECC機能付きのメモリを購入しても、マザーボード(チップセット)がECCに対応、またはマザーボード(BIOS)の設定していないと、ECCが機能しません(メモリは認識すると思います)。

 一般のパソコンは、ECCに対応していません。

 しかし、ワークステーション、サーバーなどの業務用パソコン等はECCメモリを指定している場合もあります。

 一般の方は気にしなくて良いと思います。

ECCとnoECCの違い

unbufferedとは

 REG(Registered)とは、電気信号の整流や増幅機能が有るという事です。

 unbufferedは、電気信号の整流や増幅機能が無いという事です。

 通常のパソコンはunbufferedな為、記載されない場合もあるようです。

 一般の方は気にしなくて良いと思います。



Copyright (c)2009 slowpc.jp All Rights Reserved.