拡張カードの種類と説明

遅いパソコン館


PCI-Express

 現在の拡張カードの主流である。

 PCI-Express x1を1レーンとして、レーンを複数束ね、高転送速度を可能とする、x2、x4、x8、x16、x32の仕様がある。

 PCI Express 1.1で1レーンあたり500MB/s(1方向当り250MB/s)

 PCI Express 2.0でその倍の1GB/s(同500MB/s)

 PCI Express 3.0でその倍の2GB/s(同1GB/s)

 PCI Express 2.0の x16 だと 1GB/s × 16 = 16GB/sの転送スピードである。

PCI Express

AGP(Accelerated Graphics Port)

 昔のグラフィックカード。

 PCI-Express x 16 に置き換わっている。

AGP

PCI(Peripheral Components Interconnect bus) PCI-X

 拡張用カードとして主流であったが、今はPCI-Expressに置き換わりつつある。

 PCIとPCI-Xは互換性がある。(ただし、3.3V動作に限る)

 PCIとPCI-Expressとは互換性がない

PCI


Copyright (c)2009 slowpc.jp All Rights Reserved.